どこにもない普通の暮らしのある家づくり
by スミカデザインオフィス
渡邉 純哉
日々の暮らしに発見と喜び
を感じられるように。

どこにもない普通の暮らし。
「住みか」は、
日々の暮らしをやさしく
包み込んでくれます。

そんな心地の良い、物語の
ある建物をつくるお手伝い
をしていきたいと
考えています。

ご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

一緒に家づくりを楽しみましょう。

HP:sumika design office


■お問い合わせ
info@sumikadesign
office.com

初期のご相談や現地視察等についての費用は無料でご相談頂けます。
考えられている簡単な情報のみで構いませんので、お気軽にメールや電話でお問い合わせ下さい。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
手書き時代の建物
e0235537_21261380.gif

(photo:体育館)


僕が学生だった頃は、製図はすべて手書きでした。

cadを使っていた学生なんてほとんどいませんでした。

そして働き始めてからは、はじめからcadで設計してました。



特に手書きを懐かしむわけでは無いのですが、

データ化できるということは複製化が出来る、

つまり、コピー&ペーストで量産というわけです。



それで何が悪いかというと、つくられる建物が日本車みたいに

どこか何かに似ているけども並べてみるとイマイチで、

みんな同じように見えるけどどこが悪いという訳でもない、

・・・それが悪いんです。



デザインされない形なんて無いんです。

形があればそれはデザインされてる訳で、

その瞬間批評の対象になるんです。

ところがコピー&ペースト建築は困ったことに

デザインする人がいないから、デザインされていないことになる。

つまり、批評の対象にならずに済む建物になってしまう。

・・・それでも見られているということを知らずに。。。


昔は手書きだったから図面一枚一枚を、線の一本一本を大切にしたし、

たとえ書き写したとしても、文字と一緒でその人の個性が出てしまう。

それが分かってるから形をつくることをがんばるんだと思います。


手書きの時代の署名されていない建物に愛情を覚えるのは、

そんな理由からなんだと思います。
[PR]
# by sumika-do | 2011-03-04 22:18
サイン
e0235537_20493173.gif

(photo:愛媛県立美術館南館の階段にて)

建物にはどこかに「サイン」が付いていて、

人を誘導したり、特定の場所を示したりします。

そんなもの無いほうがもちろんすっきりしてきれいだと思います。

けれども、いちいち案内人が「こちらへ」と誘導する訳にはいけません。

そこでちょっと、「サイン」のつくり方を書いてみます。



まず機能面から文字を考えます。

「もう少し先で右を曲がると階段です」
(最近はこんなのもありかなと思ってますが・・・ここでは一般論ということで)

では長すぎて分かりにくいですね。

もっと単純に文字を限定します。

文字でなく記号化する場合もあります。



次に「サイン」そのものの検討だけではなく、取り付ける位置も含めて考えます。

もちろん、他のサインと統一感をとるようにします。

ここで注意しないといけない点は「サイン」だけデザインしてはいけないという事です。

建物のデザインソースを読み取ってデザインすることで、建物の一体感を図ります。



サイズやフォントや色も検討し、文字の間隔もいろいろ試してみます。

その素材はどうするかというのも重要です。

そして、一番重要なのが、遊び心です。
(と思ってるのは僕だけかもしれませんので参考までに・・・)


最後にもう一度機能的に成り立っているかどうかを検討します。

一度、原寸サイズで現地に貼ってみて検討してみます。

結果、再検討ということもあります。



「サイン」のデザインはそんなことの積み重ねです。

文章にしてみると大変そうに思えてきました。。。

でもやってみると結構おもしろいもんですよ。

お試しあれ!
[PR]
# by sumika-do | 2011-03-01 21:53
子供部屋
e0235537_10542810.gif



息子が生まれて1年2ヶ月が経ちました。

だいぶ歩くのが楽しくなったみたいで、

家中を好き放題歩き回ります。

その結果、家中が子供部屋になってしまい、

積み木なんかがいたる所に散乱してます。

いくら注意しても遊んでるとしか思ってもらえません。

やれやれ・・・。

今は、玄関がお気に入りです。

段差があり。靴があり。高いところに花瓶や鍵といった光るモノあり。

靴箱はオークションで手に入れたオモチャ箱なので

いっそう子供部屋のように見えます。

楽しそうなので「まぁいいか」という感じです。
[PR]
# by sumika-do | 2011-02-26 10:58
bus stop
e0235537_21272681.gif

(photo:市役所前のバス停)


以前から気になっていた、松山市中心街にあるバス停を撮影してみました。

このバス停は、街の所々にあって綺麗なフォルムで街並みを美しくしています。

竪格子は角がたったフラットバー(長方形の断面のスチール)で構成されている

のだと思っていましたが、近づいてよく見ると角は丸くなっていて、

断面形状にムクリをつけていました。



e0235537_21555277.gif

(photo:竪格子のディテール)


なるほど格子の角が立っていないので、

全体の雰囲気がやわらかく感じれたのだと知りました。

ベンチ等の木材は県産杉を使用しているのではないかと思われます。

街中で、素敵なデザインに出会うと幸せな気分になります。
[PR]
# by sumika-do | 2011-02-24 22:11
自転車
e0235537_22122886.gif

今日は天気良いので、

自転車で出かけました。


自転車に乗り出してから、

やたらと天気を気にするようになりました。

というのも自転車に泥除けを付けてなく、

タイヤも細いので、雨の日には乗れません。

一度、天気予報が大外れした日は、

ぬれるは、滑るは、汚れるは、で大変でした。


趣味とかいった所まではいってませんが、

それでも買ったときの意気込みからすると乗る回数は少なく、

もちろん、寒い日や暑い日も乗るの避けてます。

という感じなので、「いったいいつ乗るのか」とよく言われます。。。


やっぱり趣味には到底なりそうにもないので、

「乗らなければ」と思い続ける日が続きそうです。



photo:松山城のお堀端にて
[PR]
# by sumika-do | 2011-02-20 18:16
幸せ探し
e0235537_214109.gif















道端でクローバーをみつけると

「もしかして四葉がみつかるかも」

と一瞬、ココロ浮き上がる思いを抱きつつも

今では探すところまではいきません。

気持ちにゆとりが無いからかな?

幸せ=ゆとり、ということなのでしょうか?

ところで、建物の素材が変わる部分は、見切りが無いときれいですね。。。

線を消すたびに費用は増えますが・・・

写真は、tobe auberge resort(砥部オーベルジュリゾート)
のhotelの外部通路デッキと植栽(クローバー)です。
[PR]
# by sumika-do | 2011-02-17 21:08
我が家の雛祭り
e0235537_11312384.gif











暦の上では春です。

椿さんが始まり、松山にも春が近づいてきました。

それでもまだまだ寒さがこたえます。

我が家では、春を呼ぶため玄関に雛を飾り付けてみました。

見た目だけでも暖かくなればと思います。
[PR]
# by sumika-do | 2011-02-11 11:30