どこにもない普通の暮らしのある家づくり
by スミカデザインオフィス
渡邉 純哉
日々の暮らしに発見と喜び
を感じられるように。

どこにもない普通の暮らし。
「住みか」は、
日々の暮らしをやさしく
包み込んでくれます。

そんな心地の良い、物語の
ある建物をつくるお手伝い
をしていきたいと
考えています。

ご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

一緒に家づくりを楽しみましょう。

HP:sumika design office


■お問い合わせ
info@sumikadesign
office.com

初期のご相談や現地視察等についての費用は無料でご相談頂けます。
考えられている簡単な情報のみで構いませんので、お気軽にメールや電話でお問い合わせ下さい。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鷽(うそ)替え神事
こんにちは。

今年、良いデザインに出会いましたか?


さて、本日1月7日は福岡の太宰府天満宮にて”鷽(うそ)替え神事”が執り行われます。


学生時代を福岡で過ごした縁もあって、太宰府天満宮には何度か参拝いたしました。

実は一級建築士の受験前にも、「ここはひとつ神頼み」と思い参拝し

「木うそ」を手に受験まで毎日を勉強に励んでおりました。

e0235537_7505151.jpg


そのかいもあってか、無事合格することが出来ました。


鷽(うそ)という名前から、”嘘のようなことが起きる”のか?と思っていたのですが、

この催事では、

「替えましょ、替えましょ」の掛け声のもと、暗闇の中で手にした「木うそ」を
お互いに交換し取り替えます。これは、知らず知らずのうちについたすべての
嘘を天神さまの誠心に替え、また、これまでの悪いことを嘘うそにして今年の吉
に取り替えるという意味があります。 神事の後に手にした「木うそ」はご自宅の
神棚にお祀りし、一年間の幸福をお祈りします。


ようです。


また、鷽は鳥の名前で別名”琴弾鳥(ことひきとり)”ともいうそうです。

口笛を吹くことを「嘯く(うそぶく)」と言いますが、この鳥が口笛を吹くように鳴くことから

鷽(うそ)と呼ばれるようになったとも、鳴く時の仕草が琴をつまびくように見えるためとも

されているようです。


合格とは関係無いようです、当たり前ですが。。。

天神さま(菅原道真公)-学問の神様-をお祀りする、全国約12,000社の総本宮と

称えられる太宰府天満宮ですからね。。。


「木うそ」のお守りと合格することの思いが、全くの見当違いでもないのですが、

少しは参拝したご利益があったようです。


皆様も一度福岡へ寄られた際は、太宰府天満宮へ一度、参拝してみてください。

ではでは、スミカデザインオフィス 渡邉でした。
[PR]
by sumika-do | 2015-01-07 08:09
<< 七草粥。 新年あけましておめでとうございます。 >>